株式会社メディカ出版 外国人材 紹介・教育支援サービス

「留学生」って…働けるの?

日本の介護福祉士養成校に通う留学生は、

学校を卒業すると、「介護」という在留資格を取得できます。

学校によっても異なりますが、一般的な入学条件として

「日本語能力試験N2以上」もしくは「日本語学校に6ヶ月以上通った」ことが求められるため、

実際には、来日後にまずは日本語学校に1年~2年通った後、

介護の専門学校に進む留学生が大半となっています。

また、卒業後に資格認定を受けるには、以下の条件を満たす必要があります。

「介護福祉士」の資格を取得していること(令和8年度までは、学校を卒業するだけでOK!)

② 職務内容が「介護」または「介護の指導」であること

③ 就労先から日本人と同等額以上の報酬を受けられること

「介護福祉士」の資格取得が最終ゴールで、就労先も決まっている必要があることから、

実際には、自分で学費を払って留学している学生はほぼおらず、

就労先の法人がスポンサーになっている場合がほとんどです。

「介護福祉士」の資格を取るまで

留学生は、日本語学校・養成校に通学している時から、

介護施設・病院でアルバイト(週28時間以内、長期休暇中は週40時間以内)ができるので、

専門知識を学びつつ、現場の仕事にも慣れていくことができます。

専門学校の学費は、修学資金貸付制度(都道府県によって条件は異なる)を利用すれば

学費や入学準備金・就職準備金を無利子で借りることができます。


卒業後は、高度人材(介護福祉士)として即活躍できますし、初日から配置基準に加算できます。

また、在留期間は繰り返し更新できますので、日本で永続的に働くことができます。



技能実習等と違い、就労先の自由度が高く、

系列の病院やグループホーム等でも働けることも、大きなメリットです。

じゃあ、どんな人が申し込めるの?

留学生は、政府や国内外の調整機関を通さずに、外国人を採用できる唯一の制度です。

よって、受け入れ側に求められる条件等は特にないのですが、

近隣に日本語学校・養成校がない場合は、通学時間がネックになってしまう場合があります。

また、「留学」ビザ自体は、N5レベルがあれば申請できるため

一見、門戸が広く開かれているようにも見えますが、

出稼ぎ目的の「偽装留学生」、失踪などの問題が相次いだため

現在は入管のビザ審査がかなり厳格化されており、

実際には、スポンサーからのサポートを受けられる

優秀な人材だけが確実に来日できるルートとなっています。

受け入れを成功させるためには?

留学生の場合、入国した時点の日本語レベルは様々ですが、

専門学校の授業内容を理解するためには、

やはり入学時にN3~N2レベルに達している必要があります。


近年は日本人が集まらず、定員割れで苦しんでいる養成学校へ

日本語レベルが不十分なまま入学し、苦労しているケースも散見され、

「来日前にどれだけ日本語レベルを上げられるか」が重要になってきます。

弊社では、医療系学校の卒業生や、介護職経験のある優秀な学生を対象に、

現地にて日本語の基礎教育を終えた後、留学生として日本に送り出しています。

また、公的機関に代わり、奨学金契約、教育機関との提携の取り交わし、

候補者の日本語学習や日常生活まで、間に立ってサポートさせていただきます。

※2021年4月に受け入れを決めた場合の目安

現在、令和4年度(2022年度)就労開始となる候補者の教育を実施中!

面接会は9月頃を予定しています。

どうぞお気軽にお問い合わせください!!

Scroll to Top